この世にこんなことがあるのでしょうか?妊娠していないのにお腹がどんどん大きくなっていった女性の物語

出版元 10/25/2020
広告

ケイティ・スミスは普通の20代半ばの女の子です。彼女が24歳の時、お腹の中で何かが育ち始めました。医者もそれが何か分かりませんでした。

Her Pregnancy Revealed Something Out Of The Ordinary

タイトル

事の馴れ初め

ケイティのお腹は急にすごく大きくなり始めました。そして誰もが彼女は妊娠していると思いました。しかし妊娠ではなかったのです。何度妊娠検査薬で検査してもマイナスの結果で、医者も首をかしげていました。

The Beginning

事の馴れ初め

彼女の物語

スミスは英国のエールズのスワンシーというところに住んでいました。年を取るにつれ彼女は太っていったものの、28歳になった今、何年かで妊娠9か月に見えるぐらいになりました。彼女はBBCのインタビューで今までがりがりの痩せ体型になったことはなかったけど、お腹がどんどん膨らんでいったと話していました。

Her Story

彼女の物語

健康的なライフスタイル

ケイティは体に気を付けた健康なライフスタイルを送っていました。彼女は体の線も気にしてジムにも通っていました。従ってこんなに太ってしまったのは汚名に感じるぐらいでした。そして第一に謎でした。

Say Hi To Keely

健康的なライフスタイル

見かけとは違う事情

ケイティは仕事のクリスマスパーティに呼ばれましたが、こんなお腹で参加できるかどうか悩んでいました。着る服もありませんでした。どう見ても妊娠しているように見えました。

Not As It Seems

見かけとは違う事情

早すぎて止められない

ケイティは出てきたお腹がさらに大きくならないようにあらゆることを試しました。「運動もしたし食生活もさらに健康なものにしたわ。でもお腹がどんどん大きくなって止まらなかったの。」これ以上の健康的なライフスタイルはないぐらい健康的でも太るのは最悪でした。

Too Fast To Keep Up With

早すぎて止められない

一体何が起こっているのか?

「自分の体に一体何が起こっているのか全然わからなかった。お腹に木材でも入っているのかと思ったわ。」厳しいカロリー制限や激しい運動をこなしても体重はどんどん増えていきました。

What Was Going On

一体何が起こっているのか?

太るだけではなく

この時点でもうケイティは体重が増えることを無視し始めました。体重が増えているのはおなかだけでした。体の他の部分は何も太っていませんでした。

Not Just Growing

太るだけではなく

望みを捨てないで

彼女のお腹はカチカチに固まり、触っても不快でした。しかし彼女は、そのうちお腹が元に戻るだろうという希望を捨てませんでした。しかしその希望通りにはいきませんでした。

Screenshot 11

望みを捨てないで

ただ一つ説明できること

彼女の服のサイズも太るのと同時に大きくなっていきました。でも彼女はまだ病院に行きませんでした。彼女の父親は医者だったので、それが余計に医者嫌いになった理由かもしれません。

There's Only One Expanation

ただ一つ説明できること

腹の底の思い

ケイティには一つだけ深刻な心配がありました。そしてこの状況を説明するのに一つだけ説明できました。彼女はそのことを考えたくも信じたくもありませんでした。

Screenshot 4

腹の底の思い

子供

ケイティが説明できる内容といえば、妊娠以外にありませんでした。彼女のお腹はどんどん大きくなって、体重も増え、いつも疲れていていました。ケイティには恋人もいました。

With Child

子供

計画外の妊娠

これらのすべての事実は妊娠ということで説明が付きました。そして妊娠しているとなるとケイティにも恋人にも大変な事でした。これは計画外の妊娠でした。しかし十分に可能性がありました。

Screenshot 3

計画外の妊娠

もうすぐ親になる

ケイティと恋人のジェイミーはもう10年も付き合っていました。そして子供を作ることも考えました。ただ計画外だったので、準備ができていませんでした。

Soon To Be Parents

もうすぐ親になる

青い線

このカップルが妊娠検査薬の青い線を見たときは驚愕しました。青い線はマイナスでした。検査薬が悪かったのかと思い、二回目の検査をしました。また青い線が出ました。

The Blue Strip

青い線

心配

この結果に本当に驚いた二人はやっと病院へ行きました。一体何が起こっているのか、ケイティは病気なのか、流産したのか、などのたくさんの疑問がわきました。

Screenshot 13

心配

恐怖

重い足を引きずって病院に行ったケイティでしたが、残念ながら彼女の心配している質問に対する答えを得ることはできませんでした。しかも医者は彼女にただ太っているだけだと言いました。

Facing Her Fears

恐怖

直感

医者は心配することはないと言いましたが、彼女はそれがどうしても信じられませんでした。そしてどうすればいいか分かりませんでした。

Followig Her Instincts

直感

信じられない

自分がなぜ妊娠したかもわかりませんでした。彼女は妊娠しているように見えました。プロである医者は妊娠していないと言いましたが、どうしてもそれが信じられませんでした。

Screenshot 8

信じられない

解決法がない

もし彼女が妊娠していたら、子供を産んだら問題はなくなります。しかし彼女のお腹はもうすでに2年も大きくなっていたのです。毎月どんどん大きくなるばかりでした。

No Solution

解決法がない

気絶

仕事中、ケイティはいきなり吐き気をもよおしました。そして気絶しました。彼女が気絶したのを同僚が後で本人に伝えました。ケイティには意識がありませんでした。

Screenshot 3

気絶

つらい時期

ケイティは直ちに病院へ連れていかれました。「気絶したときはとてもつらかったわ。」彼女は自分がどうしてこうなっているかの説明もなくこの状況に対応しなければいけませんでした。

A Difficult Period

つらい時期

すべてはストレスから?

こんなことがストレスが原因だけで起こるのでしょうか?ケイティは納得できませんでした。しかしどの医者もケイティは妊娠していないと言いました。

Screenshot 5

すべてはストレスから?

妊娠ではない

彼女の状況を知らない人たちはみんな妊娠についての質問を彼女に投げかけました。彼女を見た誰もが妊娠だと思いました。そしてケイティはいつも妊娠していなことを説明しなければいけませんでした。

A Difficult Period

終わりがない

ケイティはいつも同じ質問に同じ答えをしました。「医者はただ太ってるだけだというの。」そう説明しながら、まったく未知のこの状況に嫌気がさしました。

Screenshot 12

終わりがない

出産予定日

彼女はインタビューの中で、「出産予定日を聞かれることが多くなってからは、恥ずかしい思いをさせたくないと思うようになった。

Due Date

出産予定日

外見の変化

ケイティは、月を追うごとに自分の体に不安を感じるようになっていました。どの服も似合わなくなってきたので、服を買うときには必ずマタニティコーナーで買い物をするようになっていました。

Changing Appearance

外見の変化

マタニティウェア

“2016年12月に服を買おうとしたら、何も合わなかったのを覚えています。私は上半身は骨と皮で、その後この巨大なしこりと普通の脚になっていました。合うのはマタニティウェアだけでした。

Screenshot 14

マタニティウェア

助けが必要

ケイティは、自分の問題のために医者に行くことを考えると、ますます神経質になり、不安になっていました。しかし、仕事中に何度も失神したり、呼吸困難、体重増加、痛みなどの症状が出てきたため、また別の医者に診てもらうことにしました。

Needs Help

助けが必要

援助

信じられないかもしれないが、同僚たちが「新しい医者に診てもらって、やっと答えが出る」と言ってくれなかったら、ケイティはまだ医療機関に行くことはなかっただろう。ケイティがどれだけ苦労して答えを出そうとしていたかを知らない人たちは、単に彼女が自分の体を大事にしていないだけだと思っていました。そうではないのに、自分の健康問題を何とかしようとするのになぜこんなに時間がかかっているのだろうと思ったのだ。

Screenshot 2

援助

新しい説明

診察を受けた医師がみな「異常なし」と言っているのだから、きっとそうなのだろうと自分に言い聞かせていたケイティ、案の定、4回目の仕事中に気絶してしまった彼女は、もうダメだと思い、ついに助けを求めたのです。医師からは「ニキビ薬のせいだ」と言われましたが、その言葉に甘えていてはいけないと思いました。それ以上のものが必要だったのです。

A New Explanation

新しい説明

立ち上がる時

ケイティは、医師たちが自分のことを真剣に考えておらず、自分の症状を何でもないことのように受け流しているように感じていました。医師たちは、すべての責任を彼女の人生で起こった外部要因に押し付けようとしていましたが、ついにケイティは自分自身のために立ち上がり、そのような対応を受け入れませんでした。

Screenshot 1

立ち上がる時

もういいだろう

彼女は医師に、実はこの時点で数ヶ月間ニキビ治療薬を飲んでいなかったので、これが問題の原因であるはずがないと話し、本当の答えが必要だと言いました。彼女は別の医師の意見を聞きに行くことにしました。その医師は、唯一の可能性は妊娠であると言いました。しかし、どの血液検査でも陰性だったのです。

Enough Was Enough

もういいだろう

真相究明

ケイティのかかりつけの医師は、すべての血液検査が陰性であったにもかかわらず、妊娠の可能性しかないと判断しました。最終的に、医師はケイティに超音波検査を行うことに同意しましたが、その際、何か指摘できることがないかどうかを確認しました。歩くことやベッドから出ることが困難なだけでなく、呼吸をすることすら困難になっていた。

Getting To The Bottom Of It

真相究明

やっとわかった真実

この新しい医師は、他の医師と同じように、ケイティが妊娠しているかどうかをすぐに確認するように言った。彼女は悔しい思いをしながらも、ようやくここで直面している状況の真相を知ることができるのではないかと期待していた。その結果、ケイティが得た答えは、彼女が覚悟していなかったものだった。

The Truth At Last

やっとわかった真実

恐怖

ケイティは超音波検査をしている間、医師から目を離さなかった。医師がしっかりと仕事をしているか、注意しているかを確認したかったのだ。医師の顔を見たとき、明らかに何かがおかしいと感じました。医師は怯えたような顔をしており、ケイティは何か異常なものが見つかったことを知りました。

Terrified

恐怖

ケイティを慰める

医師がこの超音波を見るために他の人に来てほしいと言ってきたので、キーリーは全身が固まってしまいました。ボーイフレンドのジェイミーは、「何があっても大丈夫だよ」と慰めようとしましたが、ケイティの緊張は新たなレベルに達しており、慰めることができませんでした。彼女のお腹の中で何が起こっているのか?

Screenshot 9

ケイティを慰める

妊娠していない

超音波検査の画面に何も映っていないことに気づいたケイティは、自分が思っていた通り、実は妊娠していないことが明らかになりました。しかし、彼女の胃の中には何か有害なものが入っており、それが彼女の命を危険にさらしているということでした。

Not Pregnant

妊娠していない

衝撃的なニュース

彼女には何が悪いのか明確な兆候はなく、可能性は無限大だった。医師は、何が起きているのかを知るためには、すぐにCTを撮る必要があると言いました。当然のことながら、ケイティは自分に何が起こっているのか、ショックと恐怖で心を閉ざしてしまいました。頭の中では様々な方向に考えが及んでいましたが、最終的には自分が望む答えが得られると思っていました。

Screenshot 10

衝撃的なニュース

緊急用CT

超音波検査の画面が真っ白になったとき、ケイティとボーイフレンドはますます心配になりました。医師は、緊急CTを撮る必要があることを告げ、ケイティとボーイフレンドに伝えるべきことを準備させようとしました。カップルは隣り合って手を絡めて座り、辛抱強く知らせを待とうとした。

Emergency CT

緊急用CT

絶対に妊娠していない

ケイティの言うとおり、彼女は絶対に妊娠していませんでした。では、その大きなお腹の原因は何だったのでしょうか?それは、過去2年間、彼女の体内で巨大な卵巣の塊が育っていたことに起因する。医師が何が起こっているのか、どのような問題を抱えているのかを明確に確認できなかったため、ケイティは自分に何が起こっているのか、ますます不安になっていきました。

Screenshot 6

絶対に妊娠していない

皮膚まで

この嚢胞は普通の嚢胞よりもはるかに大きく、厚さは24センチ、胃に完全に密着していました。急激な体重増加という問題の一端が解明されたことは本当に良かったのですが、彼女の命が危険にさらされているという事実は変わりませんでした。医者はすぐにこの問題を解決しなければならない。

To The Skin

皮膚まで

卵巣嚢腫とは何ですか?

卵巣嚢腫とは、女性の卵巣の上にできた、液体の詰まった袋のことです。卵巣嚢腫は多くの人が人生のどこかで経験するもので、通常は無害であり、いずれ自然に治るものですが、ケイティの場合はそうではありませんでした。

異様に大きい

嚢胞が生命を脅かすことになるのは、破裂したり、体内の血流を妨げたり、ケイティの場合のように極端に大きくなったりする場合です。あまりにも稀なケースなので、医師もどのようにアプローチしていいのかわからない状態でした。

Screenshot 3

異様に大きい

彼女の選択肢を探る

診断を受けてから約1ヶ月後、ケイティは専門医と会い、彼女の選択肢をすべて検討しました。しかし、超音波検査を担当した医師の顔が頭から離れませんでした。その医師の顔に表れた純粋なショックと不信感は、ケイティを永遠に恐怖に陥れるのに十分でした。

Exploring Her Options

彼女の選択肢を探る

完全なショック

彼はに、卵巣の腫瘤があり、それを何とか除去しなければならないことを冷静に説明してくれましたが、彼の一見穏やかな性格とは裏腹に、ケイティは彼もまたパニックに陥っていることがわかりました。このような大きさの嚢胞は一般的ではないため、どのように対処するのが正しいのか誰も知らなかったのです。

Screenshot 2

完全なショック

それだけではありません

主治医によると、複数の嚢胞が存在する可能性があり、それが臓器に付着している可能性もあるとのことでした。彼女はとても怖がっていて、こんなことがなければいいのにと思っていましたが、唯一の選択肢は手術をしてこれを完全に治すことだと思っていました。

That's Not All

それだけではありません

その効果

ケイティが妊娠していないことが完全に確認された今、医師たちは嚢胞が彼女の体にどのような影響を与えたのかを解明しなければなりませんでした。もちろん、妊娠ではないことは明らかでしたが、この2年間、この巨大な成長が彼女の体にどのような影響を与えたのでしょうか。

Screenshot 4

その効果

あなたは大丈夫

医師は、ケイティのケースをどのように処理するのがベストなのか、まだ完全には把握していなかったが、すぐに何かをしなければならないという事実は否定していないようだった。彼は、他の医師たちがこれまでずっとケイティを見捨てて、実際には何の問題もないと言っていたことを思うと、言葉を失った。

Screenshot 5

あなたは大丈夫

確かなことはひとつ

主治医が確認したことは、ケイティが嚢胞を取り除くためには、卵巣の片方を失うしかないということだった。また、手術の規模や侵襲性によっては、入院期間が長くなる可能性もあると警告された。ケイティは、これらのリスクを聞いただけで、自分の人生を誰かに委ねることに同意したような気がした。

Screenshot 7

確かなことはひとつ

広告