野生動物を助けた人たち。大変な飼育も愛情があればどんなことでも乗り越えられる!

出版元 03/23/2021
広告

灼熱のフロリダの太陽の下で、ジェフ・ロンゴは歩道を歩いている時に、何か柔かそうな動物を見つけました。ジェフは今まで動物を飼育したことがなかったけれども、その動物を見つけた瞬間、放っておくわけにはいかず、動物が熱中症にならないようにと家へ連れて帰りました。しかし彼は、この動物に隠された秘密を知って、大変ショックを受けました。

The Shocking Truth About The Unknown Creature That He Rescued From The Street

野生動物を助けた人たち。大変な飼育も愛情があればどんなことでも乗り越えられる!

散歩の途中

2013年灼熱の真夏、フロリダであった実際の話である。ジェフ・ロンゴが散歩をしていた時のこと何気なく見かけた木の木陰にぐったりとして横たわっている動物を見つけた。この灼熱の中息も絶え絶えに苦しむ動物をジェフはどうしても助けてあげたかった。ジェフは迷うことなく家に連れて帰る決心をした。

Out On A Walk

散歩の途中

命が危ない状態

この真夏。外の気温は40度以上の太陽の元半死状態の子をどうやって救ってあげていいのか分からず迷い、焦り、悩み、どうにか救ってあげたいという一心でピーターバーグ通りの自宅で診ることにした。

She Was Not Doing Well

命が危ない状態

動物の名前はビスケット

連れて帰って大丈夫か?頑張れ!と声をかけるも名前を呼んであげたい。とジェフはこの瀕死の動物をビスケットと名付けた。手のひらより小さい今にも壊れてしまいそうだったと思ったのかとっさにビスケットと呼んだのだ。ビスケットは瀕死の状態で一生懸命生きようと戦っているのがジェフには分かった。ビスケットはジェフに拾われたことはとってもラッキーなことだった。

He Called Her Biscuits

動物の名前はビスケット

動物飼育の知識

ジェフは今まで動物を飼った経験がない。もちろん知識も何もない。全て分からない状態でこのぐったりしているビスケットを救う方法・・・。インターネットで調べることしか手段が見当たらなかった。少しでも早くビスケットを楽にして元気にしてあげたいという一心で・・・。

Not A Single Clue

動物飼育の知識

ビスケット

インターネットとはとっても便利なツールだと改めて思った。まずSNSにビスケットの写真をUPして、今の状態を伝え意見を求めた。そこには、たくさんの返信が届きその多くのコメントには、ビスケットは家庭飼育ができないのであきらめろというものが多かった。

Asking Reddit For Leads

ビスケット

ムササビ

SNSのおかげでビスケットのことが少しずつ分かってきた。南部トロピカルに多く生息し、フロリダ南部にも多く生息していることが分かった。エサは種やフルーツ、昆虫、小鳥や卵といったものを主食としている、彼、ビスケットはムササビだったのだ。

A Southern Flying Squirrel

ムササビ

ビスケットについてさらに研究する

ムササビは夜行性でリスと同種であるが、リスト違いムササビは飛ぶことができる動物である。生後2か月までは母親と共に行動し育っていくものである。しかし、ビスケットは迷子になり母親とはぐれてしまったのであろう。今や、ジェフがビスケットの母親の代わりをしてあげないといけない立場になったのである。

More About These Animals

ビスケットについてさらに研究する

どこへ行くのも一緒

ジェフの母性本能とでもいうのか、ジェフはビスケットを片時も離れず、家に置いて外出することなどできなかった。もし、ビスケットを一人残して何かあってはと思うと心配で心配で・・・。ジェフはビスケットのために学習をし、哺乳瓶で授乳し、粉ミルクも独自のレシピを考え看病に専念していた。

No Matter Where He Went

どこへ行くのも一緒

完全看護の結果

ジェフの努力が報われ、日に日にビスケットは元気になり回復に向かっていった。元気になり強くなり数か月も経つとビスケットは大人のムササビと成長したのである。瀕死だった状態が嘘のように元気になりとっても健康なムササビに!ビスケットはジェフを本当の親のように懐いていた。

It Was All Worth It

完全看護の結果

ビスケットの新しい友達

ジェフはビスケット以外にも子供はいた。可愛い愛犬が。もちろんであるが、ジェフは二人、可愛いムササビと犬の代理母である。子供のムササビと犬もとっても仲良しな友達となっていました。犬は小さなムササビ、ビスケットの子守り役として奮闘していた。

She Had Other Friends

ビスケットの新しい友達

野生に戻れるか

日が経つに連れ、ジェフは少し悩んでいた。生まれたてのムササビを飼育し育ててきているが、ビスケットは野生に戻れるのだろうか。ムササビは家の中でも飛び回るし、ムササビ特有の鳴き声も発する。しかもムササビは夜行性である。とっても元気になったのでとっても嬉しいのだが、反面、悩みも出できたのが事実であった。

No Chance Of Survival

野生に戻れるか

ジェフの家

家族も増え、和やかでもあり毎日はとってもハッピーに過ごしていた。しかしその逆にストレスも増えてきていた。ある日ビスケットが家で迷子になってしまった。小さく飛び回れるビスケットは想像外の動きをする。その時ビスケットはお風呂場に隠れていたのだった。

How They Are Doing

ジェフの家

小さいふわふわのボール

ビスケットの容姿といえば、小さなふわふわのボールのように見える。とてもかわいいビスケット。小さな檻の中で生活し、遊ぶときは家の中で飛び回る。人懐っこい性格で、いろんなものに興味を持つ好奇心旺盛のムササビだった。

His Little Fluffball

小さいふわふわのボール

ビスケットの育った家

灼熱の太陽の下で瀕死の状態から助け出され、今やジェフの家族として生活し、このジェフの家にも慣れとってもリラックスしているこの空間。ビスケットとジェフは寝る時も一緒で、ビスケットはジェフのポケットの中が大好きだった。そんな幸せな日々をよそにムササビの寿命は10年ぐらいのものだという事実をジェフは知っていたが、知らないふりをしていた。

It Is Now Her Home Too

ビスケットの育った家

健康に育ったビスケット

ビスケットは毎日よく食べとても健康に元気に育っていた。ジェフはビスケットと出会ったときにSNSの力で助けてもらい今がある。ビスケットの生活をSNSに投稿し、たくさんの写真をUPしていた。ジェフは代理母として立派にその役目を果たしていた。そんなジェフとビスケットには多くのファンが付いていた。

After Nursing Her Back To Health

健康に育ったビスケット

SNSのフォロワー

日々の投稿でビスケットも人気者になりファンやフォロワーも急増していた。多くの人がビスケットとジェフのアップデートを待っていた。もちろんSNSの意見の中でもビスケットの飼育自体反対の意見もあり、もともと野生動物なのですぐに死んでしまう。という意見もあったのも事実だ。

Reminding Them Who He Is

SNSのフォロワー

野生動物でも

確かに野生動物は飼育が大変。家の中では飛び回るし、犬といつも遊んでいる。ビスケットはまだ1歳にもなっていない。それでも元気に健康に育っている。これを飼育に成功したといってもいいのではないのか。とジェフは思っていた。

Just A Little Update

野生動物でも

反対意見の人たち

SNSでの反対意見や反対意見に対して、ジェフは一切気にしないことにしていた。何も気にせず、ジェフはビスケットのありのままの姿をUPし続けた。この写真が全てであり証拠なのだから。きっと反対意見の人達もビスケットのファンになってくれるだろうと思うように言い聞かせていた。

They Ate Their Words

反対意見の人たち

いつもシャツのポケットに

ビスケットの大好きな場所はジェフのポケットの中。もぐり込んではそのままお昼寝。ジェフと一緒にコンピューターの仕事。こんな野生のムササビはなかなかいないと思いませんか?

How The Others Reacted

いつもシャツのポケットに

ニューヨークでも

野生動物を助けたという話はほかにもあります。そう、ニューヨークでも・・・。サマリア出身の男性がアパートの室内、ベットのそばで小さい動物がいることに気づいた。

Giving Animals TLC

ニューヨークでも

なぜ野生動物が屋内に?

どうやら、部屋に迷い込んでしまったようで、ニューヨークは極端な寒暖差の街。寒さ暑さから逃れるために迷い込んでしまったと思われる。そうこの寒い夜に迷い込んでいたのは2のリスだった。1匹は枕の下に。もう一匹は毛布の下に。

Why They Head Indoors

なぜ野生動物が屋内に?

これは実話です

なぜ冷の片隅ではなくベットに?と不思議な違和感がありますが。これは実話です。2016年の3月ある朝にニューヨークで起きた話です。

Little Thumbelina

Little Thumbelina

なぜ二匹のリスがアパートに?

ニューヨークの3月の朝と言えばとても寒いのです。近所の工事がありリスの家が崩壊してしまったのです。この寒空に2匹のリスはホームレスとなってしまったのです。寒さを逃れるために行き着いたのがこのアパートのこのベッドだったという訳です。暖かかったのか、安心したのかそのまま眠ってしまったのかも知れません。

How They Wound Up There

なぜ二匹のリスがアパートに?

窓が少し開いていた

その日アパートの主人は窓を閉めるのを忘れて外出してしまい、運よくその開いた窓からリスたちは部屋に入ることができたのです。3月のニューヨークの外は寒く凍え死んでしまう。部屋の中は暖かく呼ばれるように偶然が重なりリスたちは室内へと入ったのだ。

Through An Open Window

窓が少し開いていた

外出中にこっそりと

何て不思議な話だろう。野生動物のリスが全く違った環境のアパートの中に入り込むなんて。そして外出先から帰ってきた男性は、自分のベッドでリスが二匹寝ているのを見て、さぞ驚いたに違いない。

While They Were Out

外出中にこっそりと

広告