規格外な体の大きさのアスリート60人

出版元 08/18/2020
広告

近年のアスリートたちは筋肉隆々の方が多いです。体格的にアスリートたちは今までよりも、大きく、速く、そして強くなっています。ですが過去のアスリートたちが落ちぶれたというわけではありません。素晴らしい体を持ったアスリートたちをここで紹介したいと思います。中には引退した選手もいます!

ロニー・コールマン – ボディビルダー

もしあなたがオリンピックで七回も優勝した経験があるのなら、きっととてもいい体格をしているのでしょう。体が大きいだけでなく、ロニー・コールマンは厳しい減量計画に難なく成功しているように思われます。厳しい減量は世界でボディビルダーとして成功するには欠かせないものです。身長180㎝で体重134.7㎏のコールマンの体脂肪率はたったの6%です。なんてすごい体なのでしょう!


thoir

Ronnie Coleman Bodybuilder

ロニー・コールマン‐ボディビルダー

ウラジミール・クリチコ ‐ プロボクサー

バスケットボールの試合を見たら、身長198㎝の選手は比較的小さく見えてしまうでしょう。それでもボクシングリングの中では、198㎝の筋肉隆々の選手がいたら相当迫力があります。ウラジミール・クリチコはリングの中で恐ろしい選手になります。彼のパンチで対戦相手の何人かはおそらく整形手術をしなければならなくなったでしょう。さらに、クリチコは彼の妻のヘイデン・パネッティーアより49㎝近く背が高いのです。

Wladimir Klitschko Professional Boxer

ウラジミール・クリチコ ‐ プロボクサー

ジョン・ラウフ ‐ 救援投手

ジョン・ラウフは体格のいいアスリートと言えば野球選手ではないという考えを変えた選手といってもいいでしょう。右利きの救援投手としてMLBで11年間活躍しました。201㎝のこの選手はマウンドでは完全なモンスター級でした。ダイエットを考えてるって?この選手が朝食を考えてくれるかもしれませんよ。

Jon Rauch Relief Pitcher

ジョン・ラウフ ‐ 救援投手

ローガン・オンドルセク ‐ 救援投手

体格のいい救援投手なら身長207㎝、体重104㎏のシンシナティ・レッズのローガン・オンドルセクも無視できません。この選手はだれの顔でも一ビンタをすれば顔の形を変えて整形外科送りにできるでしょうが幸運にも、彼はマウンドで152㎞/hの球を投げることに集中しています。

Logan Ondrusek – Relief Pitcher

ローガン・オンドルセク ‐ 救援投手

曙太郎 ‐ プロレスラー

体重250㎏の曙はプロレスラーに転身し話題になりました。元相撲チャンピオンの印象が強い曙ですが、プロレスの世界では異形の存在に見えます。減量は彼にマイナスの影響は与えませんでしたが、リングの中で彼の体重は有利に働きました。ちなみに身長は207㎝です。(写真右)

Akebono Taro Professional Wrestler

曙太郎 ‐ プロレスラー

マリウス・ヴァッハ ‐ プロボクサー

肉体的に印象の強いボクサーと言えば身長204㎝、体重113㎏のヴァッハは間違いなくその一人でしょう。2012年、もう一人の体格に恵まれたボクサー、ウラジミール・クリチコと全人類を驚かせるようなパンチの応酬で対戦しました。この選手が繰り出すパンチによる顔の怪我は整形手術では十分に治せないでしょう。整形はセレブに任せて、彼の前を通らないようにしましょう。

Mariusz Wach Professional Boxer

マリウス・ヴァッハ ‐ プロボクサー

カメロン・ロー ‐ 救援投手

次の体格のいいアスリートはカメロン・ローです。残念ながら彼の体格は彼を成功には導きませんでした。111㎏の体重と207㎝の身長で彼のボールは球場内には収まらず、投手としては活躍することはできませんでした。美容整形が予算以上なら、ほかの減量方法を見つける必要がありそうです。

Kameron Loe Relief Pitcher

カメロン・ロー ‐ 救援投手

ロイ・ヒバ―ト ‐ NBAセンター

ミスター垂直というニックネームも付いたヒバ―ト。彼のジャンプ能力だけでなく、219㎝という高身長もこのニックネームの由来です。この選手の活躍中、彼はNBAの中で最も主力なセンターの一人でした。

NBA: Los Angeles Lakers At Sacramento Kings

ロイ・ヒバ―ト ‐ NBAセンター

ジョー・フィンリー ‐ NHL(ナショナルホッケーリーグ)ディフェンダ―

フィンリーのNHLでの活躍は長くは続きませんでしたが、氷の上での彼は恐ろしく見えたことは間違いありません。身長207㎝、体重113㎏の彼はサンダーバードでウィングスパンの長いことで知られています。パックを追いかけている彼の邪魔をしてはいけません。

HPK HIFK

ジョー・フィンリー ‐ NHL(ナショナルホッケーリーグ)ディフェンダ―

アンディ・フォードハム ‐ プロダーツ選手

ボールを投げて輪の中に入れるようなことはしていませんが、ダーツも立派なスポーツです。このスポーツにはあまり必要ありませんが、アンディ・フォードハムの体格は目を見張るものがあります。189㎝の身長と、201㎏の体重はだれもが彼を見つけられる目印です。過去には素晴らしい減量も成し遂げました。現在の体重は124㎏です。

Andy Fordham Professional Darts

アンディ・フォードハム ‐ プロダーツ選手

ダリップ・シン・ラナ ‐ レスラー

彼のリングネームを知っている方のほうが多いかもしれません。ザ・グレート・カリとして知られる彼は、身長218㎝で2014年にはプロレスラーで8番目の背の高さを記録しました。2017年、WWEの歴史の中で4番目に背の高いレスラーとして名を残しました。それに加え、現役のレスラーの中では一番背が高いと主張するサイトもいくつかあります。

Dalip Singh Rana Wrestler

ダリップ・シン・ラナ ‐ レスラー

ジョナサン・ブロクストン ‐ 救援投手

ジョナサン・ブロクストンはシンシナティ・レッズでプレーしました。このチームの中で一番大きく、現役時代でプレーしたリーグ中には身長195㎝、体重136㎏を記録しています。バルトロ・コロンと同じトレイナーと付けていたに違いありません。

Jonathan Broxton Relief Pitcher

ジョナサン・ブロクストン ‐ 救援投手

 

ジョン・デイリー ‐ プロゴルファー

彼の気性は攻撃的なラインマンと似たようなものでしたが、彼の全盛期は世界で最も有名なゴルファーの一人でした。身長155㎝、体重167㎏の体格はドライバーを振る技術に役だったのでしょうか。そのことは確かではありませんが、デイリーは間違いなく歴史の中で最高のプレイヤーの一人でしょう。

John Daly Professional Golfer

ジョン・デイリー ‐ プロゴルファー

エリック・エッシュ ‐ プロボクサー

UFC全盛期で活躍したエリック・エッシュ。現役時代の体重は192㎏、身長は155㎝でした。戦う時の汗の量で有名でした。

Eric Esch Professional Boxer

エリック・エッシュ ‐ プロボクサー

ネイト・フライマン ‐ MLB内野手

ついに最初のモンスタースラッガーを紹介します。ネイト・フライマンの身長は207㎝で体重は113㎏で、最も恐れられていたバッターの一人です。残念ながら彼のMLBでの活躍はあまり目覚ましくなく彼の最後のプレーは2014年でした。現在ではメキシコベースボールリーグでプレーしています。

Nate Freiman

ネイト・フライマン ‐ MLB内野手

ボブ・サップ ‐ プロボクサー

彼の驚異的なW/Lの記録で、リングの中で間違えなく恐れられていました。彼の全盛期には、身長198㎝、体重176㎏でした。現在はショービズの俳優として活躍しています。

Bob Sapp Professional Boxer

ボブ・サップ ‐ プロボクサー

アダム・ダン ‐ MLB内野手

彼の全盛期、アダム・ダンは立った二つの結果しか残しませんでした。ストライクアウトとホームランです。身長207㎝、体重131㎏です。ヒッターとして彼は活躍し、何本もの素晴らしいヒットを生み出しました。

Adam Dunn

アダム・ダン ‐ MLB内野手

ズデノ・キャラ ‐ NHLディフェンス

NHLでチャラはもっとも210㎝を少し越した身長で最も高いプレイヤーとして記録に残りました。またベストプレイヤーとしても知られ、彼のNHLでの活躍はシーズン19番目にかかっています。ほとんどをボストン・ブルーインズの選手として活躍しています。(写真右)

Zdeno Chara NHL Defenseman

ズデノ・キャラ ‐ NHLディフェンス

アンドレ・ザ・ジャイアント ‐ プロレスラー

ザ・ジャイアントとしても知られているアンドレ・ルシモフの説明文はいらないでしょう。プロのレスラーになったとき、彼は身長225㎝、体重240kgでした。のちに映画のアクションを担当しました。残念ながら、アンドレは彼の生活様式と体の大きさで早くに亡くなりましたが、数々の伝説を残しています。

Andre The Giant Professional Wrestler

アンドレ・ザ・ジャイアント ‐ プロレスラー

ハフソー・ユリウス・“ソー”・ビョルンソン ‐ ストロングマン

“ソー”ビョルンソンはアイスランド出身のプロストロングマンで、有名なTVシリーズ“ゲーム・オブ・スローンズ”のセル・グレゴール“ザ・マウンテン”クレガンを演じたことで有名になりました。210㎝もある身長を見れば、“ザ・マウンテン”や“ソー”というニックネームは適当なものだとわかります。

Hafþór Júlíus Thor Björnsson Strongman

ハフソー・ユリウス・“ソー”・ビョルンソン ‐ ストロングマン

ステファン・シュトルーベ ‐ MMAファイター

身長が213㎝あるステファン・シュトルーベはザ・スカイスクレイパー(超高層ビル)というニックネームがつけられたキックボクサーです。少なくともエイリアンのハーフという可能性もありそうです。まだまだ生きていたいのでザ・スカイスクレイパーと一緒にリングに上がるのは遠慮しておきます。

Stefan Struve MMA Fighter

ステファン・シュトルーベ ‐ MMAファイター

ポー・ガソル ‐ NBAセンター

この男性は確かに殿堂入りする運命です。コーベ・ブライアントと協力してチャンピオンシップに臨んだとき、レイカーズの歴史の中でキープレイヤーの一人として名を残しました。

Pau Gasol NBA Center

ポー・ガソル ‐ NBAセンター

CC サバシア ‐ 先発投手

この左利きの投手CC サバシアはマウンドを制した選手の中でも最も勢いのある投手です。それに加え、彼はもっとも背の高い選手の一人でもあります。身長204㎝、体重131㎏の体格に恵まれたサバシアとニューヨークヤンキースが最近再契約しました。

CC Sabathia Starting Pitcher

CC サバシア ‐ 先発投手

ジョン・クラーン ‐ NCAAラインマン

彼の高校の募集ビデオが口コミで出回ったとき、国はジョン・クラーンに魅了されました。身長213㎝、体重は200㎏の彼がもしドラフト指名されたとすれば、歴史の中で最も活躍するNFL プレイヤーとして名を残すでしょう。

John Krahn NCAA Lineman

ジョン・クラーン ‐ NCAAラインマン

ショーン・ロジャース ‐ NFLディフェンスタックル

身長が195㎝あって、13年間以上フットボールでディフェンスポジションプレーしたジョン・ロジャースと同じぐらいあなたが大きくて速かったら、フットボールはとても簡単なスポーツでしょう。彼の全盛期には身長は192㎝、体重は158㎏ありました。

Shaun Rogers NFL Defensive Tackle

ショーン・ロジャース ‐ NFLディフェンスタックル

広告